本文へジャンプ

調達する

私募債の受託業務

私募債とは

  • 株式会社が資本市場から資金を調達する場合に発行する債券を「社債」といいます。
  • 不特定多数の一般投資家を対象として発行する社債を「公募債」といい、逆に、特定少数の投資家(例えば、社債発行会社の取引金融機関等)が直接引き受けることによって発行される社債を「私募債」といいます。

私募債を発行するメリット

  • 発行企業のイメージアップ

    私募債は発行基準が厳しく、財務内容が優良な企業でなければ発行できません。

    このため、私募債発行企業として、対外的に企業のイメージアップのPRにつながり、社内の士気高揚にもつながります。

  • 資金調達手段の多様化
    私募債は銀行借入とは異なり、資本市場からの直接調達の一形態であることから、金融環境に応じた資金調達が可能となります。
  • 低コスト資金の導入

    私募債の金利は市場金利を反映して決定され、利息は後払いです。また、固定金利のため、調達コストを確定することができ、損益計画が立てやすくなります。

    また、私募債は公募債に比べ証券会社が介在しない分、手数料が軽減されています。

  • 株式公開のワンステップとして
    株式公開企業の多くが公開前に私募債を発行しています。公開後の公募債ご発行を展望し、社債市場からの資金調達のノウハウを蓄積しておくことは、株式公開を計画されている企業にとって有効です。
  • 手続きは簡単
    私募債は公募債とは異なり、発行に際しての有価証券届出書等の作成は不要です。また、私募債発行は少数特定者の間でなされるため、手続きは簡単です。

取扱私募債の種類

  • 当金庫保証付私募債
  • 保証協会保証付私募債

※私募債のご利用にあたっては、当金庫の審査が必要となります。
詳しくはお取引店にご相談ください。

発行基準と商品比較

種類 当金庫保証付私募債 保証協会保証付私募債
1回あたりの発行額

3千万円以上

(1千万単位)

3千万円以上5億6千万円以下

(1千万円の1種。ただし、社債の総額5億円以上の場合は2千万円の1種。)

期間 2年~7年(1年単位)

2年~7年

(最終償還日を発行日の応答日にしなくてよい)

資金使途 制限なし 事業資金
担保

無担保。債権保全上、必要である場合は、債務保証に対する担保を徴求する。

(無担保社債であるため、社債に対する担保ではない。)

無担保。ただし、保証金額2億円超は原則有担保(保証協会が担保徴求)となる。
保証形式 当金庫が発行額の100%を保証 当金庫が発行額の100%、保証協会が80%を保証する共同保証形式。(当金庫は実質20%)
利率

個別対応。

(基準金利は、市場の金利水準により月1回月初に見直しを行う。)

個別対応。

(基準金利は、市場の金利水準により月1回月初に見直しを行う。)

返済方法 満期一括償還または定時償還 満期一括償還または定時償還(振替債の場合)
発行基準(適債基準) 純資産1億円以上。原則、直近期有配で、財務指標と収益指標の基準を充たした株式会社等であること。 純資産5千万円以上。原則、直近期有配で、財務指標と収益指標の基準を充たした株式会社等であること。