せとしん|瀬戸信用金庫 採用サイト

支店長

あきらめない。人との巡り合いを大切にする。その姿勢があれば、努力はきっと報われます。

学生時代から金融機関に興味があり、中でも地域に密着した信用金庫で活躍してみたいと思っていました。入庫後、すぐに慰安旅行があり、旅先の神社で「同期の中で一番最初に支店長になりたい」と願をかけた想い出があります。当時、先輩たちからは大笑いされたものですが、支店長だけは「今の気持ちをいつまでも大切にしなさい」と言っていただき、その言葉を信じて業務に邁進してきたつもりです。その結果、実際に同期内では真っ先に支店長になることができました。
イメージ もちろん、つねに順風満帆であったわけではありません。瀬戸の店舗から名古屋の中心にある店舗に異動し、お客様の層や支店の雰囲気の違いに「できるのだろうか」と悩んだ時期もありました。何度訪問しても、なかなか会っていただけないお客様もいらっしゃいました。でも、一方で私の活動を見守り、「迷った時はすぐに相談しなさい」と言ってくださった支店長や、足繁く通いご不在の際にはお手紙を置いていく私の熱意を評価して下さったお客様も多く、そうした方々に育てられたからこそ今の立場があると思っています。

私が心の支えにしてきたのは、独身時代は“こんな立場になったぞ”と親に報告し、喜ばせてあげること。そして結婚後は、子どもに自信を持って話せる仕事を成し遂げたいという想いです。せとしんには支店長のほか、次長や支店長代理などさまざまなポストがありますが、人というのは不思議なもので、役職を与えられれば、その期待に応えようと頑張るもの。肩書きがその人を成長させてくれるのです。

入庫以来、心がけてきたのは能動的に行動するということ。どんな時も指示待ちにはならないよう努めてきたつもりです。支店長になった頃、企業訪問に訪れる学生たちに必ず話していたのも「社会人になったら、つねに疑問を持ちながら仕事をしなさい。どうして?なぜ?と考えながら仕事をすれば、多くの知識が習得できるよ」というものです。従来金融機関は残業止むを得ずという考え方がありましたが当金庫の今の考え方は定時帰宅を目標に日中の業務に励んでいます。余暇を家族との時間、自分自身のスキルアップの時間として有効に使えるようにと更に職員を大事にする企業風土になってきました。ぜひ、日々の仕事を振り返る時間も持ってほしいと願っています。

私自身の今の目標は、風通しの良い職場づくりです。たとえ間違っていても、自分の意見を支店長にまで言える環境にしたいと考えています。さらに個人的には支店の近隣にあるメガバンクや地銀に、預金量でも融資量でも勝つこと。もちろん、それは私ひとりでは実現できません。だからこそ職員たちに伸び伸びと活躍してもらい、せとしんの基本方針である「職員のしあわせ」を提供していければと思っています。

PAGETOP

Copyright © 2010 Seto Shinkin Bank. All Rights Reserved.